2019年5月更新:上海KTVや風俗は当局の規制が厳しくなってます

■当局の締め付けが始まりました

上海KTV(魔都・818)の彼女が当局からのメールと、大ママからのメールを見せてくれました。

2019年5月現在、警察当局の風俗取り締まりが厳しくなっています。

賭博(マージャン店含む)、風俗、カラオケKTVに対して引き締めが強くなりました。
ホテルやマンションの部屋にお金を払って女の子を持ち帰ることが明確に否定されています。(もちろん、今までもそうですが黙認されてました)
そういった行為のために部屋を提供した側も罰すると書かれていますので、ホテル側も女の子同伴で部屋に帰ろうとすると引き留めます。
もちろん、買春しようとしている男性も処罰対象ですので、くれぐれもご注意ください。

■魔都・818・縁結び(上海KTV)の状況

5/13頃から警察が店内にいるようになりました。

女の子はKTVで働く許可証をその警察に見せる必要があり、カードを持っていない、期限が切れている場合は、店で働けなくなりました。
ですので、運悪くカードの期限が切れてしまっている女の子達は自宅待機を余儀なくされています。

持ち帰りが出来なくなりました。

魔都・818には持ち帰りできる女の子がいて、女の子を選ぶときにマネージャーにリクエストすれば、持ち帰りOKの子が並ぶのですが、冒頭に書いたように風俗の取り締まりが厳しくなりましたので、持ち帰りは全面的にできなくなりました

店のルールが厳しくなりました。

当局の規制と何も関係ないですが、お店側が便乗して女の子への締め付けを厳しくしました。
・19時半から深夜1時まで必ず店に滞在していること
・階段等でこっそり帰った場合は、罰金1000元を課す
お客さんが増えるのが21時ころで、帰るのが12時ころなので、前後の拘束時間が無駄にながいですね。。
女の子の不評を買ってそう。

■ホテルの対応状況

前回、習近平が上海に来た時も同様でしたが、連れ込みしようとするとホテルの従業員が必ず声をかけてきて、宿泊登録していないなら入室できません、と断られます。

持ち帰りの女の子たちも自分の本名等が書いてあるIDカードを登録してまでホテルに同伴したいと思っていませんから、女の子側としても当面持ち帰られる行為は控えることになります。

■この先どうなるのか

女の子の間では、2年前のようにお店が完全に閉まるまで警察は追い込んでくるのではないか、と予測されています。
先のことは誰も正解が分かりませんが、とりあえず今は無駄にお店に近づくことは避けたほうが良い時期です