未分類

香港で2枚SIM挿入可能なiPhone13を購入 シャッター音も無し

iPhoneにSIMカードが2枚挿せる。そう香港で買えばね

昔、話題になってましたが香港で販売されているiPhoneは2枚SIMカードが挿入可能なんですよね。
e-SIMとかではなくて、物理的に2枚のSIMが差し込めます。

iPhone13が発売したタイミングで香港に居ましたので、せっかくなので購入してみました。

香港で購入したiPhone13のSIMトレーを外した様子

香港iPhone13のSIMトレーの拡大写真。分かりにくいですが、表と裏の両方にSIMが入るようになっています。

2枚のSIMを挿した様子。1枚は日本のドコモのSIMカード、もう1枚は香港で購入したSIMカードを入れています。
2枚同時に入っていることを示すために、鏡に裏を写して撮影しました。

香港のiPhone13の設定画面には、2枚のSIMを認識し、それぞれのSIMごとに設定するメニューが出てきます。
旅行と書いている方が、香港で買ったSIMカードで、主回線と書いている方が日本のドコモ回線です。

Androidだと2枚SIMに対応している機種も多くありますが、iPhoneで2枚SIMに対応しているのは貴重ですね!
仕事用とプライベート用の電話番号を1台のiPhoneで同時に利用できますし、海外に行くときも、海外用のSIMをいつものiPhoneに2枚目のSIMとして入れられたり、非常に便利になります。

香港のiPhoneはカメラのシャッター音も鳴らない

あと、香港のiPhoneのメリットは2枚SIMだけでなく、カメラのシャッター音が鳴らないのもメリットですね!

海外で生活していると、カメラが鳴らないのは当たり前なので、日本で購入したiPhoneを使うのが恥ずかしく感じます。
でも香港のiPhoneならシャッター音が鳴らないので、これでやっと気兼ねなくiPhoneが使えます。

2枚SIM挿入可能、シャッター音なしの、香港iPhone13おすすめです~。

しかも値段は日本で買うより少し安い

ちなみにですが、iPhone13の日本での販売価格と、香港での販売価格を比較してみました。
日本Appleと香港Appleのホームページに記載されている金額で比較しています。香港ドルは日本円に2021年10月時点の為替レートで換算しています。

表に書かれているのは日本と香港の「差額」です。販売価格ではないので注意してください。
日本での販売価格から香港での販売価格を引いているので、プラスで表示されている部分は「日本の方が高い」、マイナス表示は「日本の方が安い」です。

傾向として、日本で買うより、香港で買った方が1000円から3000円くらい安いですね。
香港から日本への送料が3000円~4000円とすると、送料を考えても値段はほぼ変わらないですね。

これで、2枚SIMでシャッター音なしの最新のiPhone13, 13Proが手に入るなら悪くないですね。
代理購入ビジネスでも始めようかな 笑

本体価格+送料実費+手数料5000円/1台を先払いしていただける優しい方、興味があればコメント欄にお願いします 笑

 

2020/1/28:新型肺炎コロナウイルス拡大中の上海の様子

1.新型肺炎コロナウイルスのなか上海の現状

2020年1月28日0時時点、中国政府の発表によると2858人が新型肺炎コロナウイルスの確定診断が出され、5794人が疑い、死亡82人、完治が56人となっています。
上海では53人が確認され、内1人が死亡、3人が完治という状況。
上海市内はいつもより人通りが少なく、町を歩く人も90%はマスクを着用しています。
日本人学校も当初の2/2から2/9まで春節休みを延長しました。
また、企業活動のほうも、公的な春節休みが1/30から2/2に延期され、さらに上海当局から2/9まで休むように通達が出されています。
収束の気配がない状況なので、2/10から企業活動が再開できるのかかなり怪しい状況となっています。

2.上海のマスクの在庫状況は

上海市内のマスクの在庫はほぼゼロです。日本人が多く住んでいる虹橋地区のアピタには、「x日に多少入荷予定」と書いてありましたが、即刻売り切れるレベルかと思います。
他にも久光の新鮮市場の衛生品コーナーには、ウイルス用とは言い難いマスクが数枚残ってましたが、それも人だかりが出来てましたので、すでに売り切れ状態になったと思います。
日本のテレビニュースには、使用済みマスクを拾い歩いて再販売しようとする中国人が映されていましたが、確かにそれでも買う人がいるかもしれないほどマスクは品薄状態です。
N95マスクなんて激レアです。普通の花粉用マスクですらかなりレア状態。子供用マスクなんて見たことありません。

3.上海の食料品の在庫状況は

こちらも虹橋地区のアピタですが、現時点では食料品は豊富に並んでいます。
野菜、果物、肉類、菓子類など、ほぼ通常と変わらない品ぞろえです。
ワイマイと呼ばれるデリバリーサービスで食料品を届けてもらうことができますが、そのサービスにおいても食料品の品ぞろえは通常通りです。
私は今後が怖いので、コメ10キロと、日持ちするジャガイモや根菜類、肉などを購入し、肉は冷凍して備え始めています。

4.除菌系の衛生用品の在庫状況は

アルコール除菌のウエットティッシュや、アルコール除菌スプレーなどの在庫は、
アピタに入っているダイソーには豊富に置いてありました。久光の新鮮市場の横の日系小物屋でもアルコール除菌スプレーが普通に売ってました。
私は除菌スプレーを2本買いだめしておきました。

5.備えましょう

日本でインフルエンザが流行っている時と同じように、マスクをして、うがい手洗いという基本は徹底しましょう。
他には、無駄に人と接しない。積極的にワイマイ(デリバリー)を活用。配達員との受渡し時もマスク着用、受け取ったものを取り出したら、袋なども汚染の可能性あるので即捨てて手洗い。
空気清浄機と加湿器、および1日数回の換気。

武漢の病院では診察まで10時間待ちという状況のようですので、万が一に備えて、携帯式バッテリーはフル充電しておきましょう。
あとはパスポートと、海外保険証書、ウエルビーなど提携している医療サービスがあればその会員カードなども手元に集めておきましょう。
大使館に在留届を出していない場合は、ネットで簡単に申請できますのでこの機会にぜひ。
武漢のように政府がチャーター便を出すような事態になったときに、在留届してないと連絡が来ないと思われます。

ネットで見てると、大人の40前後の男性でも立ったまま意識を失って倒れる場合があるようなので、
罹患したときに意識朦朧として入院の準備なんてできない可能性があります。
今のうちに、リュックなどに着替えとマスク、携帯充電器とバッテリー、パスポートのコピーや海外渡航保険証、持病の薬、洗面用具など詰めておいたほうが良いかと。
私も、この記事を書いたらさっそく準備しておきます。あーこわい。

まとめ

1/28時点では、上海市内の食料品・衛生用品の在庫は通常通り。ただしマスクは売切れ、まったく手に入らない。
武漢の様子を見ていると、今後、食料品も品薄になる、または店が営業しなくなる可能性がある。それに備えておくべき。
万が一、罹患して病院に行くことに備えて、着替えやパスポートのコピーなどをカバンに詰めて準備しておくべき。
意識朦朧となり準備ができない可能性がある。