0年 0月 の投稿一覧

英語学習 プレゼンスPRESENCE実体験レビュー TOEIC800点

海外出張が増え、英語の必要性が高まったのでプレゼンス(PRESENCE)という英語教室で3ヶ月受講しました。
その体験をレビューします。ひとつのクチコミとして参考にしてください。

プレゼンス受講効果 TOEIC 640 から780にアップ

まず結果から。英語力を測る数値としてTOEIC試験の点数がよく使われますが、私の場合、プレゼンス受講前は640点でした。講座終了後に受けた試験では780点と、140点アップでした。

全てがプレゼンスの効果とは言えず、テレビで英語ニュースを見たり、仕事で英語に接する機会も少しずつ発生していたので、その組み合わせた結果だと思います。

プレゼンスとはどんな講座なのか

プレゼンスの特徴は、目標はひとつ、TOEICの点数を上げる!のみ。
ですので、英語を話す力が伸びたり、文章を書くスキルが伸びたりはしません。

プレゼンスでは発音が悪かったり、単語のスペルが間違っていたり、は一切気にしません。かなり割り切った教育方針です。

TOEIC800点達成コースの内容

プレゼンスは一般向けの講座をやっていますが、企業研修向けのコースもやっています。
私が受けたのは企業向け研修のTOEIC800点達成コースでした。

期間は12週間で、週に1回、90分の受講でした。
初日に教材が配れら、1名の講師と20名の受講者による集合研修方式でした。

教材は本屋でも売っている市販のテキストで、プレゼンスが作ったものではありません。
単語
リスニング
TOEIC模擬試験
の6冊です。

90分の講座内容

プレゼンスの週に1回90分の講座では何をするのか、私の体験では以下の内容でした。

まず単語テストを10分
答え合わせを10分
長文の読解・ポイントの説明40分
宿題の説明30分

ドM感涙 ドSスタイルを貫くプレゼンス

プレゼンスの特徴は、なんと言っても宿題の量
平日は1時間、休日は4時間の学習時間の確保を求められます。
週に合計10時間、TOEIC の勉強に使うことになります。受験を控えた高校生になった気分です。

宿題を出してもやらない人もいると思いますが、プレゼンスの講座では宿題をやらずに講座に挑む人はほとんどいません。

なぜなら、講座のなかで実施される単語テストや読解テストのあと、点数を全員の前で大きな声で自分で言わされます。
他の受講者の点数と比較させ、自分の努力不足を気づかせます。
そして、講師からは「はぁ〜」と言ったタメ息までつかれます。

受講者同士の競争意識を醸成し、出来てない人は置いていくスタイルです。

私は単語テストがいつまでも下から2番目で、毎週恥ずかしい思いをしました。
講師が美人だったので、蔑んだ目で「はぁ〜」と言われる自分を少し楽しんでいましたが 笑

プレゼンスの宿題の内容は、高校生もびっくりする量

週に10時間の学習時間の確保を求めるプレゼンスの宿題とはどんな内容なのか。

単語帳から400〜600単語の暗記
長文の読解3つ
読解した長文の毎日1時間リスニング
TOEIC 模擬試験の実施
模擬試験の解答解説の読み込み

これが1週間の宿題です。

単語帳から400から600単語の暗記がサラッと宿題になります。単語帳の章でいうと2つから3つの章に相当します。

プレゼンスからやり方のアドバイスはありますが、単語と意味の組み合わせを読むことをひたすら繰り返す、というアドバイスなので、真正面から単語帳に向き合うしかありません。
毎日1時間くらい繰り返すイメージです。

長文読解は、まずリスニングするまえに、その文章の文節を把握し、分からない単語の意味を理解しておくことが目的です。

リスニングは文節や意味を理解した長文をひたすら聞きます。聞き流すのではなく、発音や意味を理解しながらマジメに聞きます。
これは毎日30分以上の実施が求められます。
英語耳を作ることを目的としています。

TOEIC模擬試験の実施は週末の時間を使って実施します。数週間、同じ問題を繰り返し実施します。
同じ問題を繰り返すのは不思議な感じがしましたが、頭の中に定着させることが目的なので、次々と新しい問題に取り組むのは効果が薄いとのこと。
解説も良く出るポイントが書いてあるのでじっくりと読みます。
模擬試験と解説読み込みに週末の3時間くらい使います。

週末と言えども単語帳とリスニングは実施するので、これで合計10時間くらいの勉強になります。

ただし、これはあくまで講師が言う推奨時間で、実際は能力に応じてもっと時間をかけないといけません。
私の場合は、テスト結果で恥をかかないようにするためには、これの1.5倍くらい、週に15時間くらいの勉強が必要でした。
それでも、単語テストは下から2番目でしたけど。。

つまり

講座はきっかけをあたえるだけ、あとは自分で学習がプレゼンスのスタイル

デュッセルドルフの風俗FKK(料金・体験情報)

ドイツと言えばFKK、デュッセルドルフにもFKKはあります。
ここでは、私が体験したデュッセルドルフのFKK、オーシャンズ(Oceans)を元にFKKの雰囲気をご紹介します。

デュッセルドルフのFKK情報の調べ方

まずは行く前に情報収集ですよね。とりあえずGoogle検索で出てきた情報を頼りに探しました
なんとなくOceansが良さそうかなと思い、デュッセルドルフの初FKKはOceansに決めました。
場所はD-Rath駅から徒歩15分ほど。歩きながら撮った写真は、この記事の最後にまとめて置いておきました。

デュッセルドルフのFKK Oceansの基本情報

ホームページもあるので、こちらを見ていただくと大体分かると思いますが、
基本的な情報を書き出しておきます。
営業時間:14時から翌7時
料金:入場料 60ユーロ
アクセス:デュッセルドルフ中央駅からS6に乗りDusseldolf-Rath駅で下車
そこから徒歩15分程度。

FKK利用の流れ、まずは受付で入場料をお支払い

受付で入場料を払います。
通常は60ユーロですが、私がOceansに行ったときはイベントをやっていたようで15ユーロでした。
着替えロッカーの鍵とバスローブとタオルが渡されます。

着替えとシャワーでFKKモードに


ロッカーで着替えます。
全部脱ぎます。
で上からバスローブを着ます。
オアシスのロッカーはリストバンドにセンサーが付いていて、ロッカーの鍵部分に当てると鍵が開け閉めできる少しハイテクな鍵でした。

シャワールームがあるのでシャワーを浴びます。
バスローブを引っ掛ける場所が無くてちょっと困りましたが、なんとか身体を洗いました。
使ったバスタオルはその辺のカゴに入れておけばOKです。

店内はまさにオアシス。


店内に移動すると、だだっ広い空間が広がっていました。
そこに裸の女性が5人ほど。
時間帯が早かったせいか、女性は少な目。
男性客も3人しかいないので、かなり人口密度は低い。
お互い干渉しないので、居心地は良い感じです。

カウンターでビールをもらい、飲みながらボンヤリ
中庭があったのでウロウロしていると、中庭にいた裸の女性が日本語で「おっぱいいいよ」みたいなことを言ってきて触らせてくれました。
あまり可愛くなかったので、おっぱいだけ触ってスルー。

時間帯によって女性の人数が違う

午前は少な目、午後から女性が増えて、夜がピークのようです。
15時を過ぎた頃に女性がさらに5人くらい入店
金髪のスラっとした女性がいたので、さりげなく近づいて片言の英語でお酒飲みながら会話
すぐに上目遣いになり、いやらしい雰囲気になったので個室に移動することに。

FKKで嬢に支払う料金は

料金は1回50ユーロが相場
個室に移動する前に料金を確認
1回50ユーロとのこと。もちろん快諾。

個室でしっかりサービスしてもらい40分ほどで終了。
お金はロッカーにあるので、二人でロッカーに移動し、50ユーロ手渡し。
そして、再びシャワーを浴びます。

飲み物・食事無料

FKKのいいところは飲み物と食べ物が無料で、かつ、いつまでいてもいいこと。
なので、お爺さん世代の人がダラダラと1日過ごしていたりします。

飲み物はビールやコーヒー、ソフトドリンクなどいろいろあります。
食べ物はホテルの朝食程度のバイキングです。卵とかベーコン、野菜など。
飲み物を受け取るときにリストバンドを機械にタッチすることを求められます。
一部有料の飲み物もあるようです。ビールやコーヒーなどは無料。
一発終わったので、飲んで食べて栄養補給しました。

自分のペースで二人目に声かけられるのがFKKのいいところ

食事してまったりしているとまた女性が増えています。男性客も増えてきました。
人口密度が少し増えてくると、お互い誰を狙っているか窺うようになります。
誰の目にも止まるブロンドのスラっとした女性がまたいたので、周囲の男性客の視線を無視してアプローチしました。
50ユーロとのことで、また個室に。

2回目なので若干疲れてましたが、こんな経験はなかなかできないので、満足しました。
またロッカーに移動して50ユーロ手渡しです。

FKKからの帰り方

もっと滞在していたかったのですが、その日に日本に戻るフライト予定があったので17時くらいに帰ることに。
滞在時間5時間くらいです。

帰りは着替えたうえで、また受付に行ってリストバンドを渡します。
リストバンドに飲食の情報が入っていて、精算があれば支払いを求められます。
何もないと終了です。

ドイツにいるならFKKは行くべき、良い経験!

50ユーロで金髪女性と交われる、飲食自由、滞在時間もフリー
裸でウロウロしている女性をまったり見ているだけでも開放的な異空間に癒されます。

ドイツでしか味わえない経験なので、ものは試しにFKKに行ってみることをおすすめします。

最後に、D-Rath駅からOceansまで15分かけてブラブラ歩いたときの写真を載せておきます。
歩く時のご参考までにどうぞ。

D-Rate駅から

うろうろ

きれいな街並みを見ながら

交差点を渡り、、

見えてきました!

到着!