海外出張で困る洗濯 解決方法

海外出張が1週間を越えると、衣類の洗濯が必要になりますよね。
洗濯機がない場合、どうやって洗濯すればいいのか困ると思います。
海外出張で洗濯の悩みを乗り越える方法をお伝えします。

クリーニングが一番ラクだが下着に対応しない場合もある

洗濯の手段として、ホテルのクリーニングに出してしまうという方法があります。
渡航先とホテルによってはワイシャツ1枚でも500円以上する場合もあり、金額面で悩む場合もあります。

また、ワイシャツは受け付けるが、下着や靴下などは対応してくれないケースもあり、クリーニングをあてにして行くと現地で困る場合もあります。

最初からたくさんクリーニングに出さず、試しに1,2日分だけ依頼してみて仕上がりを確認するほうが良いと思います。

備えとして洗濯洗剤とハンガーは要準備です。

コインランドリーが経済的かつ楽チン

もし宿泊先のそばにコインランドリーがあれば、コインランドリーの利用がとても便利です。
乾燥機も置いてある場合が多いので、多少お金はかかりますが、クリーニングに出すよりは安いですし、手洗いよりは全然ラクですので、ホテルが決まったらコインランドリーが周辺にないか検索しておくことをおすすめします。

ホテルに備え付けている場合もあるので、よく確認しましょう。注意点は、洗濯洗剤は持参が必要な場合もあるので、日本から洗剤を持参しておくとよいです。

最後の手段は手洗い

海外出張経験がある同僚達の話を聞くと、けっこう多くの人がホテルで手洗いしているそうです。
洗面台で洗剤つけてバチャバチャと洗います。

手洗いのデメリットは、
ちゃんと洗えているか不安
ワイシャツなど大きなものが洗いにくい
部屋干しで乾かすしかなく、ハンガーや物干しロープが必要
洗濯と乾燥に時間と労力がかかる

でも、クリーニングもコインランドリーもできない環境の場合は、もう手洗いしかないですね。

洗濯洗剤と物干しロープ・ハンガーなど最低限の物は持っていきましょう。

海外での洗濯の仕方まとめ

洗濯はコインランドリーがベスト
ホテルの周囲にないか最初に確認を
ホテルのクリーニングが下着も洗ってくれるか、値段が許容できるか確認
最後は手洗い